banner

行政書士試験は、何故難易度が高いのか?

合格率のページで、行政書士試験は、難易度が高いとお話しました。
それではどのようなところの難易度が高いのかというと、
一番は学習量が多くなるからです。
これは、行政書士試験に限らず、難易度の高いと言われている試験全てに言えることです。
それこそが、多くの方を挫折させる、そして不合格させる原因になっています。
もちろん、理由はそれだけではありません。
たとえば、普段馴染みのない法律の独特の解釈や専門用語、一問、一問の問題の難しさなど
色々あります。

しかし、どんなに難しくても、司法試験や司法書士試験ではないので、
たかだか知れて言いますし、大抵の問題は時間をかければ何とかなります。
ただ、その分量が多くなればなるほど、大抵の方は投げ出してしまいます。
特に行政書士の受験者は、社会人が多く、勉強だけしているわけにはいきません。

例えば、仕事・家庭・人付き合いなども必要ですし、ストレスや疲れもあるので、休息も必要です。
そうした中で、少ない勉強時間を見つけていくので、行政書士試験に合格することは大変なのです。

ですから、行政書士試験を受験するに当り、あなたがまず考えなければいけないことは、
出来るだけ学習量を少なくすることです。
そのためなら、多少のお金もいとわないで下さい。
(具体的な方法は別のページで)

しかし、他のサイトではそうした真実をあまり伝えておりません。
少し勉強すれば合格できるとか、この教材を使えばらくに合格できるというような表現を使い、ユーザーを煽っています。

しかし、行政書士は法律の知識が必要な国家資格で、それを普通に勉強して簡単に合格させてくれないことは少し考えればわかると思います。
決して、行政書士試験を軽く考えないで下さい。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ