banner

行政書士試験勉強法の種類

ご存知の通り、行政書士試験の勉強法は、
「独学」「通信」「通学」の3つに分類されます。
当然ながら、皆さんはその中のどれかを選択して勉強してなければいけません。

具体的には、次ページから解説していきますので、ここでは簡単な全体像を紹介していきます。

■独学
最もオーソドックスな勉強法で、多くの方が独学で勉強します。
しかし、その反面最も合格するのが難しく、学習量もかなり必要です。
実際に挫折者が多くいます。
もし、独学で行政書士試験の合格を目指すなら、時間に余裕があり、忍耐力が強い事が条件です。勝算がなく、とりあえず独学で勉強しようという方にはお勧め出来ません。

■通信
一昔前の通信と違い、今は教材の精度が高く、自宅でも講義が聞けますし、わからないところは直接講師に質問することが出来ます。
また、自由な時間と場所でノウハウの詰まった教材を使いながら学習できるので、
短期間で合格を目指す方に効果的な学習です。
行政書士試験の受験者は、仕事をしている社会人が多いので、通信と非常に相性の良い勉強法です。

■通学
通学は、時間とお金をかけてきっちり学習したい方におすすめの勉強法で、非常に効果的です。
特にライブで聞く講義の迫力は、通信のDVDでは出す事ができず、非常に魅力的です。
ただ、現在ライフスタイルの変化により、時間の制約を決めて勉強することが難しく、
通信の受講生が増えているのが現実です。
また、受講料も高く、学校によって学習精度のバラツキがあるので、ある程度目星をつけて
学校選びをしなくてはいけません。

以上が、各勉強法の特徴で、大まかな全体像を把握しておいて下さい。
詳しくは次からのページで説明いたします。

そして、各勉強法の特徴をしっかりと把握して、自分に一番合った勉強法を選んで下さい。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ