banner

行政書士を独学で合格するための真実

行政書士を独学で勉強する上で、まず理解してほしいことがあります。
多くのサイトは、これからお話しすることを伝えていないので、
独学について誤った解釈をしてしまい、挫折していきます。

独学で、勉強するということは、通信・通学に比べ、時間が必要になります。
そして、そのことで、時間が必要になるので、
いつもとは違った生活サイクルを作らなければいけません。

例えば、
●友人・家族・恋人との時間を減らす
●テレビ・雑誌・漫画などの時間をなくす
●ボーっとしている時間をなくす
●リラックス・ゆったりとした時間をなくす
●食事・睡眠時間を削る
などから勉強時間を作りだす必要があります。
つまり、仕事・食事・睡眠など生きていく上で、最低限必要な時間以外は、
全て勉強に費やさなければいけないのです。
しかも、1年以上です。

それが行政書士試験を独学で合格するということなのです。

しかし、多くのサイトは、そうした本当の真実を隠し、この教材を使えば良いとか、
頑張れば独学で合格できるとか表面的なことしか言いません。

行政書士試験のように法律の知識が必要で、難易度の高い試験では、
面倒で泥臭いことを続けなければいけないのです。

もちろん、中には毎日時間が沢山あまっているので、無理して勉強時間を作る必要がない方もいます。

しかし、多くの方は、仕事を抱え忙しい中で、勉強時間を作らなければいけないので、
苦労して勉強を続けなければいけないのです。
それが独学で行政書士試験を合格すると言う意味です。

とにかく、独学で行政書士に合格したければ、1年以上も色々なことを我慢して勉強を続ける覚悟が必要です。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ