banner

行政書士試験独学での弱点

ここで行政書士試験の独学について、もう少し深く掘り下げてみます。

まず行政書士試験を独学で合格するのに最も難しいポイントは、
以下の2点になります。

●出題ポイントがわからない
●市販の教材では質の高いものがない(講義が聞けない事も含む)

まず、出題ポイントがわからないというのは、通信や通学なら、講師や学校が過去のデーターがあるので、何処から出題されるのかある程度予測できます。
しかし、独学だとそれがわからず、試験に出題されないような問題もしっかりと勉強しなければならず、無駄な学習が増えてしまいます。
そのため、通信や通学に比べ、倍以上も勉強時間が必要になります。

次に市販の教材では質の高いものがないことも問題です。
通常の書店へ販売されているような教材は、大手予備校が学校に通学してもらうためか、
どこかの会社が何かの教材を販売するための、いわば宣伝目的になります。
つまり、合格させることを目的として作られていないということです。

ですから、教材に書かれていることは、本当の基礎的なことばかりで、
はじめは何となく出来そうでも、実践に近い知識を覚えていくうちに、まったくわからなくなります。

そして、何より、独学だと講義を視聴する事は出来ません。

皆さんは、学生時代から、塾の講義や学校の授業を聞きながら勉強していたと思います。
もし、それらが聞けない状態だとどうでしたでしょうか?
多分、目的の高校や大学に進学出来なかったと思います。

行政書士試験の勉強も同じです。

行政書士試験は、ただ市販のテキストや過去問を購入して、勉強しただけで合格できる生易しい試験ではありません。
質の高い教材と合格のノウハウが必要です。

そのような試験を独学で合格するためには、人の何倍も努力して、はじめてスタートラインにたてるのです。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ