banner

行政書士通信の本当のところ

独学は別としても、それぞれ相性がありますので、どの勉強法が一番良いとは言えません。
ただ、それぞれの勉強法には、メリット・デメリットがあるだけです。

通信で言えば、
●自己管理をしなくてはいけない
です。

通信は、質の高い教材や学習環境が整えられていますが、勉強するかはしないかはあなた次第です。勉強を継続できるようにあなた自身が自分をコントロールしなければいけないのです。
もし、モチベーションが下がり、「もう勉強したくない」とか「勉強がつまらない」となれば、そこで終わりです。

しかし、どんな勉強法をするにせよ、自己管理が出来ない人は、
行政書士に合格できません。
例えば、通学を受講しても学校以外でも勉強しなければいけないので、
勉強を続ける強い意志が必要なのです。

そう考えれば、行政書士の受験者層を考えれば、
通信が一番おすすめできる勉強法と言えます。
何故なら、行政書士の受験者は、仕事をしていてそれほど勉強時間を確保できるわけではないので、隙間時間を見つけて効率良く勉強しなければいけないからです。

通信なら、
●講義が聞ける
●出題ポイントがわかる
●効果的なテキストや過去問が用意されている
などのメリットがあり、少ない時間でも合格できる力をつける事が出来ます。
その上、通学に比べ、受講料が安いので、経済的な負担も少なくて済みます。

後は、質の良い通信を受講して、本気で行政書士に合格するという強い気持ちを持つことです。

行政書士試験は、正しい勉強法を身に付ける事が出来れば、合格できます。
そこには、才能は必要ありませんし、学生時代の成績も関係ありません。
もちろん、そうした人の方が有利であることには変わりませんが、
それでもあなたの努力次第で、追い越す事は可能なのです。

現にまったく法律の知識がない方でも一発合格した例は沢山あります。

ですので、まずは、質の高い学習ができる環境を手に入れて下さい。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ