banner

行政書士の通信を見極めるポイント

まずここから解説する通信のポイントは、あくまでも最低限必要なことだけにします。
あまり、多く言い過ぎると、何が重要なのかわからなくなりますし、
上げればきりがありません。
それに、最低限だけのポイントで、十分に合格することが出来ます。
では、早速話を進めていきます。

■講義は付いているか?
通信に限らず、通学にも言えることですが、勉強の基本は教えてくれる講師がいる事です。
そして、その講師の講義を聞きながら勉強することで、短期間で力をつける事が出来ます。
しかし、中にはその講義すら付いてない通信があります。
それはCMで誰でも知っているある有名な通信です。
講義が付いてない通信を受講するということは=独学と変わりません。

■テキストはフルカラーか?
多くの学校はテキストが白黒ですが、実はそれが良くありません。
何故なら、白黒だと記憶に残りにくく、無味乾燥な勉強になり、勉強が嫌になり挫折しやすくなるのです。そうしたことがあるので、資格の通信は遅れていると言われています。
逆にテキストがフルカラーなら、記憶効果も高く、勉強もしやすくなります。
一見細かなことを言うようですが、その配慮が合格するためのポイントになるのです。

■通信専門校か?
まず、理解してほしいのは、通信と通学の勉強は若干異なります。
通信の場合、通学よりもピンポイントで学習する必要があるのです。
何故なら、一人で勉強していると、自分に甘えが出て挫折することがあるので、
少ない学習量で合格を目指せなければいけないからです。

しかし、通学の行なっている通信は通学の勉強と同じなので、挫折しやすくなります。
通学の通信は、学習量が多くなりますし、教材の通信に合わせて作っていないので、
通信で勉強するには、精度が高いとは言えません。
(白黒のテキスト、教室の講義をそのまま撮影した講義など)
また、通学の通信は、教室を抱えているため受講料が通学と同じですが、
通信専門校は教室を持たないため受講料が安いのです。
ですから、通信は専門校を受講して下さい。

■オリジナルの教材を作っているか?
ほとんどの通信はオリジナルで教材を作っていますが、まれに市販の教材をそのまま使っているところがあります。
しかし、市販のものは、基礎中の基礎しか書かれていなく、情報量や内容はいまいちです。
また、教材を作るためには、レベルの高い講師やその業界に精通している講師でなければいけないので、誰でも作れるわけではありません。
それにも関わらず、市販のものを使っているということは、教材が作れる講師がいないともいえるのです。

教材がオリジナルでない理由を色々いいますが、必ずオリジナルで作っているところを選んで下さい。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ