banner

摸擬試験は受けるべきか?

たまに摸擬試験を受ける必要があるのか質問されることがありますが、
可能なら摸擬試験を受けるべきだと言えます。

というのも、摸擬試験は今まで学習してきたことの総合的な問題が出題されるので、
現状の実力を把握することが出来ます。
そして、自分の得意分野や苦手分野、今の知識の理解度などがわかるようになれば、
これから試験に向けて何処を強化していかなくてはいけないのか鮮明になります。
そのため、摸擬試験後、急激に実力を付ける事が可能となります。

しかし、摸擬試験は絶対に受けなければいけないものではありません。
受ける事に越した事はありませんが、現実は摸擬試験を受けるだけの余力がない受験者ばかりで、全科目の学習を終えるだけで精一杯です。

それよりも、行政書士試験は過去問です。
過去問をしっかりと学習していれば、本試験でも対応できるだけの力が付きます。
ですので、摸擬試験のことはとりあえず置いといて、まずは過去問を攻略することに重点を置いて下さい。

また、過去問だけで不安と言う方は、オリジナル問題集を購入すると良いと思います。
オリジナル問題集も、摸擬試験と同じで試験範囲の総合的な問題が出題されるので、
自分の弱点を把握することが出来ます。

ただ、オリジナル問題集は、自宅で解く事になり、緊張感が生まれないので、
出来るだけ本番に近い環境を意識して、解いて見て下さい。

まとめとすれば、摸擬試験、もしくはオリジナル問題集を実施することは理想ですが、
まずは過去問をしっかりと学習することが重要です。

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ