banner

目指したい、ダブルライセンスあれこれ

長期に渡る行政書士試験対策を前向きに、高いモチベーションで進めていくためには、ご自身の気持ちのアップダウンとも上手に付き合っていく必要があります。
いつでもやる気満々でいるためには、「行政書士試験に絶対合格したい!」という強い気持ちを持ち続けることが大切であると言えるでしょう。

 ちょっと勉強に疲れた時には、行政書士試験合格後、どんな世界が待っているのかを思い描いてみると、モチベーションを取り戻すことが出来るかもしれません。
行政書士試験に合格したらやってみたいこと、どんなふうに活躍したいのか等、将来をあれこれ考えてみるだけで、気持ちが明るく前向きになるものです。
行政書士試験に挑戦しようと決意した当初の気持ちを思い出すことも出来て、再び「やるぞ!」と気合が入ることでしょう。

また、人によっては「行政書士試験は単なる通過点、私はもっともっと資格を取得していきたい」という方もいらっしゃると思います。
法律の基礎を幅広く学ぶ行政書士は、他資格へのステップアップも比較的目指しやすい資格であると言えます。
司法書士や社会保険労務士、弁理士等の他士業とのダブルライセンスはもちろん、最近では相続診断士や敷金診断士といった資格を取得することでより専門性を高める方もいらっしゃるようです。
その他、ビジネス法務検定等へのステップアップで、法律への知識を一層深めていく方も少なくありません。

行政書士試験合格をきっかけに、これまでにはなかった生き方の選択肢を考えることが出来るようになります。
人生の扉を開くきっかけになるとなれば、合格を目指さない手はありません。試験対策を進めていく過程では様々大変なこともあるでしょうが、今が踏ん張り時と考えて、前向きに頑張っていきましょう!

>>行政書士試験の合格率を2倍以上に上げる方法とは?

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ